遺産相続の順位必要な書類自分たちで出来る?相続放棄の手続

遺言書として認められるためのルールとは


遺言書を残しておきたいと今から考えているかたもいらっしゃると思います。
そんな方に遺言書の正しい書き方のルールをお教えしたいと思います。
遺言書と言っても、ただ本人が書いたものだからと言って通用するとも限らないんです。
いざ、自分が遺言書を書く立場になった時、受け取る側に立った時のことを前もって考えてみると、決められたルールについて確認しておくのもいいと思います。

では、遺言書の書き方にはどのようなルールがあるのでしょうか?
はじめに遺言書を書く時はには、偽造を防止するということが重要となってきます。
そのためにも、法律で決まっている書き方内容で、遺言書を書き始めて下さい。
遺言書だからと言って難しい言葉使いをする必要もありません。
遺族の誰が見ても分かりやすい言葉で、内容を理解できるように分かりやすさを第一に書く様にして下さい。

それでは、遺言書の文書の書き方ですが、遺言書・遺言・遺言状などというタイトルを付けて下さい。
縦書きでも横書きでも問題はありません。
絶対にタイトルを書かなくてはいけないといった決まりはありませんが、これを見た時に、遺族たちがすぐ遺言書だと分かるようにするために書くことです。
用紙や筆記用具に関しても決まったものはありません。
ですが、長い期間保管するといったことを想定して遺言書を作成した場合は、保管期間のことも考えて丈夫な用紙そして、鉛筆など消せるものは避けて
ボールペンで作成することをおすすめします。

次に、自分で遺言書を作成するといった作業になります。
自分の手で用紙に書くことがとても大切なんですね。
自分の手で書くことによって、誰が遺言者なのかがはっきりできるからなんです。
パソコンやビデオレターみたいな形では、自筆証書遺言とは認められませんので注意して下さい。
代筆であることも遺言書として認められません。
本人の名前を使って、実印があっても本人が書いたものでないかぎり、遺言書としては使うことはできません。

その他にも、日付を書くことや遺言者の氏名・生年月日・住所を書く・印を押す事などが必要となります。
間違った遺言書の書き方をして、無効にならないようにするためにも、正しい書き方を知っておくのもいいかもしれません。